自己紹介

著者プロフィール

■名前:ケイタ

■出身地:神奈川県

■趣味:読書、カメラ、音楽制作、宇宙物理、一人旅

■職業:デジタルマーケター/ウェブエンジニア(Python,PHP)/写真家/作曲家/Webデザイナー

■生まれた年:1992年

経歴

2015年3月に東京工業大学を卒業。新卒という肩書を捨て、バックパッカーに。

世界の人々は、どのようなライフスタイルで生きているんだろう?という思いで、アジア・ヨーロッパにバックパッカーへ。

20ヶ国を訪問し、様々な暮らし方・文化を知る。一度、東京に戻って就職し、コンサルティング会社で新規事業に参加。

ウェブサービス開発と、ウェブマーケティングを担当する。

やってること

ウェブ開発、ウェブマーケティング、UI/UXデザイン、データサイエンスなどコンピューターをIT使ったエンジニアをしています。作曲は9年目。Photoshopによる画像編集なども行っています。

ウェブ開発・データサイエンス

主な使用言語はPython・PHPです。

  • AWSにおけるLAMP環境の構築(EC2,Lambda,RDS,CloudWatch)
  • WordPressの構築、運用
  • Djangoフレームワークによるウェブサイト構築
  • scikit-learnやtensorflowによる機械学習計算(予測モデルの構築)

ウェブマーケティング

クラウドサービスのマーケティング企画を経験しました。

  • ペルソナ構築や商品コンセプトの策定
  • リスティング広告、Facebook広告の戦略立案
  • ランディングページのワイヤーフレームづくり

UI/UXデザイン

クラウドサービスのUI/UXデザインを経験しました。

  • カルーセル機能やボタンをクリックした際の挙動など、UI/UXに関わる機能の改修要件定義
  • システム改修におけるプロジェクトマネジメント(プロジェクトメンバーは述べ10人前後)

ライター

ブログの執筆。

写真・作曲

ポートフォリオについて、写真はKeita’s Portfolio、作曲はSoundCloudにアップロードしています。

このブログについて

このブログを立ち上げたキッカケは、このブログを読んだ人が自分らしい生き方に挑戦してほしいという思いでした。

わたしが日本で働いてみて、感じていたこと。それは、新卒一括採用やライフスタイルの束縛が、まだまだ強いということです。

やりたいことがあるのに、周りに合わせて就活をしなければいけない人。本当は組織に向かないのに、なかなか会社を辞められない人。そんな人たちが、これまでのキャリアパスの”常識”から抜けだすこと。

つまり、自分の人生を生きるために、一歩踏み出すことができる世界になればいいといつも思っています。

今、まさに働き方や生き方が大きく変わろうとしていますが、まだ正社員を辞めるリスクを考えると怖いという人は多いのではないでしょうか。

私も定期的にお金が入ってこなくなるリスクや再就職の不安と戦いながらも、ドイツに行ってみるという決断を行いました。わたしの成功・失敗をこのブログで発信することで、みなさまの“一歩”のキッカケになればと思います。

私が訪れた国

東南アジア

一番、長く滞在したエリアが東南アジアです。物価が安い、一年中暖かい、人が優しい。バックパッカーにとって、天国のような場所でした。

行った国
  • タイ
  • カンボジア
  • ベトナム
  • 中国
  • マレーシア
  • ミャンマー
タイの風景

タイ・パーイの絶景

ミャンマーの市場

ミャンマー・ヤンゴンの市場

ベトナムの山岳風景

ベトナム・サパの風景

南アジア・中東

一番、長く滞在した国がインドです。インドは物価が安く、北から南まで多種多様な人種・宗教・気候が存在。この国には、さまざまな生き方が詰まっています。

行った国
  • インド
  • ネパール
  • オマーン
  • ドバイ(UAE)
インドのガンジス川

インド・バラナシの夕暮れ

カトマンズの市場

ネパール・カトマンズの市場

ドバイ国際空港

ドバイの巨大な国際空港

東ヨーロッパ

一番、景色に感動したエリアが東ヨーロッパです。国から国へ移動する時の、大平原や遠くに見える山脈。空気が澄んでいて、空の青さが印象的でした。

行った国
  • トルコ
  • ブルガリア
  • マケドニア
  • コソボ
  • アルバニア
  • モンテネグロ
  • クロアチア
  • オーストリア
  • スロバキア
  • ハンガリー
カッパドキアの飛行機雲

トルコ・ギョレメのカッパドキア

マケドニアの高速道路

ブルガリア・マケドニアの国境付近

クロアチア・ドゥブロブニクの旧市街