【GitHub】SSH接続するための手順をまとめました




ウェブを利用する上でセキュリティを確保することは、誰にとっても重要な時代となりました。この記事では、GitHubでSSH接続するための手順をまとめました。

環境

  • MacOS

まずは鍵を作成

GitHubでSSH接続するためには、公開鍵と秘密鍵を作成する必要があります。ターミナルを開いてください。

まず、ssh-keygen -t rsaを入力してください。鍵の作成をはじめます。

次に、鍵を保存する場所を指定します。絶対パスで書かないとだめ(~/も使用不可)なのでお気をつけください。最後のid_rsaは鍵の名前です。ここは自由に設定できます。

最後に、パスワードを設定します。確認のために二回聞かれるので同じものを入力します。

成功すると指定したディレクトリに「id_rsa」と「id_rsa.pub」が新しく入っています。id_rsaは秘密鍵なので、絶対に外に出さないようにしましょう。

GitHubのウェブページで公開鍵を登録する

GitHubの設定画面

GitHubのウェブページにログインして、一番右上にあるプロフィール写真をクリックして「Settings」をクリックするとこの画面に来ます。左のメニューから「SSH and GPG keys」をクリックしてください。

次に「New SSH Key」と書かれた緑色のボタンをクリックします。ここで、公開鍵「id_rsa.pub」をエディターなどで開いてください。

  • Title:この鍵の名前を決めます。自由に決めて大丈夫です。
  • Key:公開鍵「id_rsa.pub」の中身をコピーアンドペーストしてここに貼り付けます。

GitHubウェブサイトでの設定はここまでです。

設定ファイルを作成

~/.ssh/config というファイルを作成し、上記を入力してください。

key-agentに登録

ログインの度にパスワードを入力するのは大変なので、ssh-agentに登録しておきます。

接続を確認

このコマンドをターミナルに入力して接続を確認します。以上で終了です。

補足:何度もパスワードを聞かれる場合

上記の手順を行っても何度もパスワードを聞かれる場合、sshではなくhttps接続になっている可能性があります。その場合、ローカルリポジトリの.gitディレクトリの中にあるconfigファイルを以下に書き換えてください。