【Python】for文の進捗状況をプログレスバーで可視化する方法(tqdm)




pythonでデータ分析や機械学習をする際、for文を使うことがあるとおもいます。大量のデータを扱う場合など進捗状況がわからないと、どのくらいの時間がかかるか不安になってしまいます。

そこで、for文の進捗がどれくらいかを可視化出来るライブラリ「tqdm」を紹介します。

インストール

インストールはpipかAnacondaで行います。

使い方

使い方も非常に簡単です。インポートしてイテレーションするオブジェクト(range()とかリストとか)をtqdm()で囲みます。

これを実行すると

コードの実行結果

このようにリアルタイムでプログレスバーが更新されていきます。もちろん、コマンドライン・ターミナルでPythonを動かした場合もしっかりと表示されます。

その他、アレンジして使う場合は公式ドキュメントをご覧ください。