転職活動で成功するためにやってはいけないこと




終身雇用が崩壊し、ほとんどの方が転職を経験する時代になってきています。では転職をする上で気を付けなければいけないことや、やってはいけないことは何でしょうか?この記事では、転職を行う前に気をつけていただきたいことについて解説していきます。

転職先を見つける前に会社を辞めてしまう

「今の仕事の残業が長くて転職する時間がない」とか「家庭の事情で時間が取れない」といった場合は別ですが、働きながらでも転職活動ができる人は、今の会社を辞める前に転職先を見つけておくべきです。なぜかと言うと、転職活動の場合は新卒の就活と違い条件の交渉が必要になり、すでに会社を辞めていて仕事がない状態だと足元を見られやすいのです。

それに、なかなか仕事が決まらなかった場合、生活への不安や仕事が見つからないことに対する不安で徐々に焦ってしまいます。焦れば焦るほど「どこでもいいから受かりたい」という気持ちが強くなり、受かるものも受からなくなったり、妥協をしてしまいがちになります。

経済的にも心にも余裕を持つために、転職をする際はなるべく働きながら行うようにしましょう。

自分が勤めているところがブラック企業で心身ともに苦しい状態ならば、転職先が見つかる前にすぐ辞めましょう。勤務時間を長くして転職させる時間を奪うのはブラック企業のよくある手口です。心身の健康を一番大切にしてください。

転職が決まったことを社内の人に話してしまう

これは職場にもよりますが、会社を辞めるとわかった人に対して冷たい態度になる会社もあるようです。転職先が無事に決まって会社を辞めることが確定した場合でも、同期や直属の上司などを除いてあまり言わない方がいいのではないでしょうか。

それなりの規模の会社になると、これまでお世話になった人全てに転職することを伝えるのは困難です。すると「なんで俺には伝えてくれなかったんだ」と思う人が出てきてしまうかもしれません。

退職が決まった場合は、直属の上司・同期など特別な関係を持っている人だけに伝えた方がいいです。僕の場合もお世話になった人や普段よく話す先輩はたくさんいましたが、結局上司と同期だけに伝えるということにしました。今でもその判断は間違っていないと思います。自分の退職が社内に知らされるタイミングは上司や会社に委ねるのがベストです。

今の会社を退職した後にすぐに働き始めてしまう

これはしてはいけないことというよりは、考えて欲しいことです。 会社員として働いてしまうと、なかなか長期休暇を取ることができません。取ることが出来たとしてもゴールデンウィークやお盆休みなど、どこに行っても人だらけで宿代が高い時期にしか取れません。

もし長期休暇をとって旅をしたいとか、体験してみたいものがあるといったとき、転職のタイミングはそれを実現するまたとないチャンスです。転職した後にやっておけばよかったと後悔するのはとてももったいないです。

経済的余裕がないなど事情があるのであれば仕方がありませんが、退職してから転職先に行くまでにそれなりの期間を空けることで、これまでやりたかったけど出来なかったことをやるのもありだと思います。

転職活動していることを社内の人に言ってしまう

まだ転職先が決まっていない段階で転職活動していることを社内に言うのはやめたほうがいいと思います。転職先が決まらないこともあり得ますし、「転職している=今の会社に不満がある」という風に思われることもありえます。

今は働き手にとって売り手市場ですがそれでも転職先が決まるという保証がないし、自分がいいと思う企業に巡り会えないこともあります。そういった時に、経済的な理由やもう少し今の会社でスキルを伸ばそうという観点から、今の会社に留まるという選択肢が出てくる可能性があります。

そういった可能性を考えると、転職活動していることは社内の人には言わないほうがいいのです。

終わりに

転職活動は人生のターニングポイントになる可能性が大きいので、失敗しないしないためにも用意周到に進め、利用できるものは利用したほうが良いでしょう。

自分にマッチした会社に出会い、仕事に没頭できると「好きなことをやっていてお金が入ってくる」という最高の状態になれます。今の仕事に違和感があるのであれば、転職活動をはじめてみてはいかがでしょうか。