【スリランカ】ヌワラエリヤの絶景は心が震えるほど美しかった。

ヌワラエリヤの景色




今回は、スリランカのヌワラエリヤという場所を紹介します。

ヌワラエリアは紅茶で有名ですが、それだけではありません。

 

スリランカ鉄道からの景色は、アジア1といも言われる絶景。僕も大好きになりました。

スリランカに行った時は、ぜひヌワラエリヤへ!

ヌワラエリヤについて

ヌワラエリヤ(Nuwara Eliya)は、スリランカの中部州に属する、紅茶の名産地です。

鉄道でのアクセス

コロンボ⇔ナヌオヤ:約7時間
キャンディ⇔ナヌオヤ:約4時間

Srilanka Railways(英語)最新版の時刻表と料金を見ることができます。

・駅に行けばチケットを買えますが、人気が高いチケットなので早めに買うことをオススメします。

ヌワラエリヤに鉄道駅はないため、ナヌオヤ駅からバスで30分ほど移動します。

バスでのアクセス

コロンボ⇔ヌワラエリヤ:6時間(結構、悪路らしいです)
キャンディ⇔ヌワラエリヤ:約3時間

  • コロンボ、キャンディとも、メインバススタンドからバスが出ています。
  • AC付きのワゴンバスをオススメします。泊まるバス停が少なく、快適でした。

 

気候

標高は1800m以上あり、1年間を通して涼しいです。

平均気温は16℃、最高気温は25℃以下。とても快適です。

 

その他

日本では観光地として有名ではないヌワラエリヤ。

実は宇治市と姉妹都市の盟約を結んでいるそうです。

友好都市 | 宇治市公式ホームページ ~宇治茶と源氏物語のまち~

 

絶景の数々

ヌワラエリヤ市内


僕は、バススタンドから2kmくらいのBlue Wing Innという宿に泊まりました。 

この宿はカルークルというエリアにあり、繁華街エリアよりも標高が高いです。

少し歩くだけで街を一望できるので、散歩がとても楽しかったです。

街の様子3バススタンド周辺の繁華街

街の様子2宿の近くから見た眺め

街の様子1カルークルエリアの麓

街の様子4宿周辺の様子

ナヌオヤ(Nanuoya)駅周辺

バスでナヌオヤという街に行き、鉄道に乗ります。

小さい町で、バックパッカーは好きになるであろう、風情ある街です。

駅周辺4ちゃんとバスには英語表記がありました

駅周辺3ナヌオヤのバス発着所。駅まで徒歩1分

駅周辺2プラットフォーム。観光客もたくさんいました

駅周辺1駅から見る眺めも美しかったです

グレゴリー湖

グレゴリー湖は、ヌワラエリヤにある大きな湖。私が滞在していたカルークルエリアの麓にあります。

湖4交通量が少なく、リラックスできます

湖3外国人は200RS(≒135円)払うと入場できます

湖2湖の近くに馬がいました

湖1ボートにも乗れるようです

スリランカ鉄道

景色の美しさで有名な、鉄道です。アジア1とも言われる美しさに、息を飲んで感動してしまいました。

風景1ナヌオヤ駅を出発

風景3すぐに見えてくるのは、壮大な高原の風景

風景2緑と青の世界を、赤い鉄道が進みます

風景4息を飲むほどの絶景。美しい自然が溢れます

注意

ヌワラエリヤに夜着、または夜発の列車だと絶景を見ることができません!

絶景ポイントは、ヌワラエリヤにかなり近い側にあるので要注意です。

まとめ

日本では、スリランカと言えばシーギリヤ・ロック。でも、僕はヌワラエリヤの方が好きでした。

自然好きにはたまらない景色がたくさん。美味しい紅茶を飲み、絶景を見たい人はぜひヌワラエリヤへ。




ヌワラエリヤの景色

コメントを残す