【体験談】英語が出来なくてもバックパッカーはできる。

アイキャッチ




英語が不安で海外に踏み出せない、なんて状態ではありませんか

僕からすれば、躊躇っている時間が凄くもったいない!

 

「どうしようかな・・・行きたいけど英語が不安・・・」

と言っているうちに時間だけが、どんどん過ぎていきます。

 

僕は英語が全然ダメだったけど、およそ5ヶ月間もバックパッカーを満喫できました。

そして、日本人の旅人で、英語がペラペラな人もほとんどいませんでした。

英語が理由で、ひとり旅への挑戦を諦めるのは、もったいない。今すぐ飛び出そう。

 

僕の英語力は、TOEIC630点に満たなかった

僕の英語力はひどかった。恥ずかしながら、大学の英語授業で補修を受ける必要があったほど

僕の大学では学部3年までにTOEIC630点を取ることが必須。

でも僕は取れなかったので、補修を受けることで単位を貰っていました。

 

せっかく金曜日の1限に出席して授業を受けたのに、一向に英語力は上がらず…。

リーディングは、そこそこ出来たのですがリスニングが壊滅的で、何を言っているかが分かりませんでした。

そんな状態で、海外にひとりで旅行に行くなんて、確かにアホだったのかもしれないです。

 

バックパッカーをしてみて、わかったこと

しかし、そんな僕でもバックパッカーを十分楽しむことは出来ました。

そして、「泊まる・食べる・移動する」が何とかなれば、バックパッカー出来ることもわかりました。

具体的に、この3つについて僕の体験をお話します。

泊まる

今はBooking.comagodaなどのサイトで、あらかじめ宿の詳細を調べておけます。

最近だと、Airbnbなども使われている。本当に便利な世の中。

ネット環境がなくても、「Hotel」という単語は、世界中の大抵の場所で通じるので大丈夫です。

 

食べる

レストランで食事を食べてお金を払うというのは、世界共通

メニューがない場合は、他の人が食べているものを指差して注文などもできます。

 

ただ、アレルギーなど食べられないものがある場合は、あらかじめ単語を調べておく必要があります。

僕の場合、辛いものを食べるとお腹を壊すので、レストランでは「No Spycy!!」と叫んでいました。

 

移動する

行きたい所を連呼すれば、移動も何とかなります。

海外観光客に「ギンザ?」と話しかけられたら、銀座に行きたいのか!とわかりますよね。これも世界共通です。

移動をしたい時は、バスターミナルなどに行って「デリー?デリー?」と連呼すればよし。

 

「ここからはデリー行きのバスは出ないよ!」と教えてくれます。

そのたびに、人の優しさをとてもありがたく思ったりします。

 

一方で、病院に行くときは、英語が話せないと不便かもしれません。

でも今はインターネットがあるので、表現を調べてから行けば、何とかなるんですよね。

僕もインドで体調を崩した時は「腹痛(stomachache)」とか「喉の痛み(sore throat)」などの英単語を調べてから行きました。

 

あなたは、なぜバックパッカーに行きたいの?

英語は本当に必要ないのか?というと、必要ない、が僕の答えなんですが。

例えば、文化の奥深くを探求することが目的だと、英語や現地の言葉が必要になります。

目的によって、言葉を話せる重要度は変わってくるのも事実です。

 

世界中の文化を知りたいから行く

私はこのタイプでした。「海外ってどんな所なんだろうな〜〜」という、ざっくりした感じ。

このパターンの場合、現地に行ったほうが早いです。自分の目で見て、耳で聞いて、肌で感じよう

 

例えば、行くのが2回目とか、文化の奥深くを知りたいというのであれば、

現地で通じる言葉は、どうしても必要です。その場合は、勉強するなり通訳を雇う必要がでてきます。

 

世界中の人と交流したいから行く

深いコミュニケーションを取るには言葉が大切ですが、言葉がすべてではありません。

確かに、他国の人としっかりとコミュニケーションしたい場合は英語がとても大事です。

 

しかし、日本でコツコツ勉強をするよりも、海外に飛び出して話してみるのが一番だと考えています。

 

少なくとも僕の周りには、日本でコツコツ勉強をして話せるようになった人がいません。

逆に、留学に行ったことで話せるようになった人は何人か知っています。

 

世界中の人と英語でコミュニケーションを取って、友達を作りたいという気持ちがあるなら、

なおさら今すぐに海外に行ってみるべきだと思います。

 

片言でも英語で何とかしないといけない状況だと、人間必死になり学習効率が上がります。

話せない悔しさが、英語学習への強いモチベーションになる、というメリットもあります。

 

僕はバックパッカーから戻ってきてTOEICを受けたところ、530点から690点に上がっていました。

高い点数とは言えませんが、人見知りであまり人と話せなかった僕でさえ、100点以上伸びたんです。

 

つまり、英語に頼らざるを得ない環境に放り込まれると、自然と相手の言いたいことが分かるようになっていきます。

人と話すのが好き!と言う人は、僕よりも伸びるのではないかと思います。

 

結局は、なぜ海外に行きたいか次第

海外の文化を知りたいとか、キレイな景色を見たいとか、そういう理由なら英語を気にせずにすぐ行くべきでしょう。

一方で、世界各地の文化を深く探求したいのであれば、英語や現地の言葉が話せないと目的は達成できないでしょう。

 

もし、英語の不安が消えないならば、1週間でもいいので海外一人旅してみてはいかがでしょうか?

僕もタイに1週間お試し旅をした後に、長期の旅にでています。

まずは、行ってみよう。準備のしすぎはNG!




アイキャッチ